さたでーないと

 先ずは、師匠と二人でかんぱぁ~い 
 『湯の平山荘』管理人の吉田さんが  で撮ってくれました。

  「竹爺、このカツオの刺身、んまーい ・・・ 」
師匠が、そう言ってくれました 

PA230812_convert_20101028182044.jpg PA230813_convert_20101028182125.jpg

 もう一品 とーちゃん が準備したのは、モツ煮込みです。
そこに、たっぷりの野菜を入れました。 
  「ん、これも野菜が多くていいなぁ  」
 師匠が言うので、更にもう一品追加でベーコンとピーマンの
バター炒めも作っちゃいました。

 「 料理も得意でない とーちゃん が  」
ってですか・・・・「んー、半分は  が・・・ 」

PA230814_convert_20101028182200.jpg PA230815_convert_20101028182247.jpg

 なんと  ここで、小国のKatagiriさんとバッタリ会いました。
新発田市側から来られたそうで、山好きの彼は「おういんの尾根
俺も来たかったなぁー」と、相当うらやましがっていました。

 とーちゃん の会社の先輩でもあり、毎日「朴の木峠」を歩く
「出勤棒グループ」のメンバーでもある、Katagiriさんが、
「竹爺、いい師匠を見つけたなー 」 おっしゃる通りです。

 そこに、胎内市からやってきたというWatanabeさんも合流。
彼は、とーちゃん の会社と取引のある、某重機の所長さん。

PA230816_convert_20101028182324.jpg PA230822_convert_20101028182406.jpg

 持って来てくれました。「越乃寒梅」それにキノコも。
「いやー、これで話が弾まね訳ねぇーべ」ってんで 
親爺達の「さたでーないと」は盛り上がるのであった。

PA230828_convert_20101028182446.jpg PA230833_convert_20101028182521.jpg

 翌朝、Katagiriさんと朝風呂に入ったが、60ン歳なんですが
見事に割れたお腹を見て 

風呂から上がると、 「行くぞ・・」急いで準備して 

P1070685_convert_20101028182835.jpg P1070689_convert_20101028181836.jpg
P1070691_convert_20101028181918.jpg P1070696_convert_20101028181956.jpg

 管理人の吉田さんに見送られて、帰ります。
 
 途中振り返ると、女子が使用する露天風呂が
「あー、いやぁー 別に意味は・・  」 

 さあ、最後は加治川治水ダムまでもう少しだよ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イイナ!いいな~

いいな・いいな~・・・

オオインの尾根は今年行きたかったコースでしたが、この藪じゃ~無理ですね!

湯ノ平温泉もいいな~。昨年、パンクしたチャリこいで行ったのが、懐かしいです。

小屋前のお二人、とってもいい顔してますね(^^)

またの再会、楽しみにしていますね~

いっちゃんへ

こんばんは!いっちゃん。

うれしいです。
いっちゃんからのコメント!

来年、かーちゃんも連れて一緒に「おういんの尾根」
いかがですか?
そんときはよろしくお願いしします。
いっちゃん達となら、楽しく登れそうなので、是非是非ですらぁー。

No title

おおいんの尾根って、おおいんってどういう意味なのか分からないけど、行ってみたくなりました。
来年は楽しみが増えました。
それにしても、竹爺さん、山岳会に入って一気に山歩きが増えましたね。
自転車、錆びちゃうんじゃないの。

おういんの尾根

この尾根はもともと「おういんの逆峰」と呼ばれていたようです。信仰登山の時代に、湯の平から飯豊川(加治川)の右岸を遡り、御手洗の池付近で稜線に出て、飯豊山を目指しました。それが、北股岳に直登するように付け替えたものです。川入から入るコースと逆の方向から入るので、「逆峰」と言われました。また問題の「おういん」は漢字にすると「大犬」で、狼のことです。つまりこのコースは、狼が沢山いる場所ということになります。以上、飯豊連峰の雑学コーナーでした^^

yamazaruさんへ

おはようございます。

おういんの尾根、そして『湯の平山荘』良い所です。
そして、おういんの尾根の意味、先ほど師匠がコメントを
寄せてくれましたので、ご覧になってください。

ロードバイクですが、相当不満を持ってるようです。
昨晩も酔って帰って とーちゃん にプンプンで
倒れ掛かってきました。

HZUさんへ

おはようございます。

おういんの尾根の意、初めて知りました。
ありがとうございます。

これから、ロッジの冬囲いに行ってきます。
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード