「西俣ノ峰城」

 雪山の厳しさを肌で感じながら、すぐ目の前に現われた
<西俣ノ峰>ピーク。
 そして、そこから谷に向かって、大きく張り出した雪庇
(せっぴ)が、彼女達に威圧感を与えるのか、いつになく
静かなピークへの登場でした。
 来るべきその時を迎え、ボルテージを上げるかのように・・・
 
 その通り、やっちゃいました 
 後ろで見ていたバーボン 「たまげたぁ~  」 
かーちゃんは、飛べなかったけどね  齢のせい  

繧ク繝」繝ウ繝誉convert_20110406180554

 雪洞を掘る場所を探したのだが、中々良いところが
見つからず、師匠の提案で即決、竪穴式とすることに
しました。
  
 スコップ隊4人で、その任に当たります。
角状に掘り、その雪をみんなが回りに積み重ねて行く
シンプルな「西俣ノ峰城」の完成を待っていたのは・・・

P4033923_convert_20110406180849.jpg P4033929_convert_20110406180920.jpg
P4030019_convert_20110406180722.jpg P4030020_convert_20110406180756.jpg

・・・お姫様たちの入城でした。
 ハイジも お姫様  ってですか・・」
「アルプスの少女ハイジじゃなく、西俣の少女ハイジよ」と
本人は申しておりました 

 外は、風が冷たかったけど、中に入れば天国。
みんなで、力を合わせて作った「西俣ノ峰城」。
それだけに、全員がその有難さを痛感、共有する事ができた。

P4030027_convert_20110406181904.jpg P4033937_convert_20110406182027.jpg
P4033936_convert_20110406181948.jpg P4033938_convert_20110406182122.jpg

 さらに、みんなを待っていたのは、バーボンが作って
くれた、「あったかぁ~い、きのこ汁」です。

 バーボンが、サプライズで準備してくれました。
天然の「きのこ汁」に、みんな「 んま~い  」

P4033941_convert_20110406182152.jpg P1010937(1)_convert_20110406183514.jpg

 ワイワイ過ごした時は無常にも早く、あっという間に
過ぎてしまったのでした。

 「西俣ノ峰城」から、次々と飛び出してきて、飯豊の
冬景色をカメラに、そして心の中に焼き付けます。

 まだまだ  だよ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード