梶川の出合登山道整備

 昨日は、家に帰って風呂に入り、冷たい  を飲み
疲れた身体に、すぐ睡魔が襲ってきて、ブログ更新は
出来ませんでした 

 「 なんでってですか・・・」
それは、これから毎日見てればわかってきますよ 

 2日土曜日、朝4時30分に師匠に  迎えてもらい
「丸森尾根コース」「梶川峰コース」「石転びコース」
そして「ダイグラ尾根コース」の入り口である、『飯豊山荘』
に向かいました。

 師匠、Masa君と3人で準備していると、登山客が
「石転びコース」に2グループ8人程が、先行して
出かけていきます。
 しかし、登山届け所には寄らず、届けも出さないまま
行くのには  たまげた~。

P7020241_convert_20110704042853.jpg P7020244_convert_20110704042936.jpg

 師匠の話では、「登山届けは、登山客の半分程度」
と聞いて、さらに  

 男3人、かしましくはないですが、会話を楽しみ
約30分程で一気に「うまい水」まで、歩を進めてです。

 「婆まくれ」も、登山客が踏み固め、自然に道が
出来ていました。

P7020246_convert_20110704043006.jpg P7020249_convert_20110704043038.jpg

 「梶川の出合い」手前で、土砂崩れがあり、 夏道で
高巻きの登山道が一部、崩壊していました。

 この状態では、3日(日曜日)に、「飯豊連峰山開き」の
「石転びの出合いコース」に参加される、スタッフ共
約50名ほどが藪こぎをしなければなりません。

P7020254_convert_20110704043112.jpg P7020257_convert_20110704043140.jpg

 3人で、梶川の登山道を整備します 

 人が通れるほどの新道を、確保しました。

P7020259_convert_20110704043209.jpg P7020261_convert_20110704043248.jpg

 1時間程の作業で、目途がついたので一息入れます

Masa君は、残念ながら用があるので、ここで戻ります 

 我々も、後発隊でやってくる弥輔さんと羽田さんの
「新道仕上げ作業」に期待し、上を目指して 

P7020263_convert_20110704043356.jpg P7020264_convert_20110704043425.jpg

 師匠と二人で、石転びの調査を開始します。
歩いている、師匠の前が突然大声  を発しました。

P7020268_convert_20110704043454.jpg P7020269_convert_20110704043519.jpg

 前方の雪渓上に、4人程休憩しているのですが
少し上に大きな穴が開いてます。

 そして、彼らが休んでいるところは本流の真上の
すぐ近く、雪が薄くいつ崩壊してもおかしくない場所に
いるのでした。

 ここを40数年歩き、知り尽くしている師匠だから
大声で注意し、戻らせたのです。




 彼らのいた近くにある穴がこれです。
そして、その先には大きな割れがありました。

 彼らは、ここをどうやって進もうとしたのでしょう

P7020270_convert_20110704054545.jpg

 行き止まれば、崖を垂直に登って夏道に出るか
それとも、危ない目をして戻るか・・・
 
 何事もなくてよかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード