問題発生ですが・・

 飯豊朝日連峰の登山者情報 で、「飯豊連峰山開き」の
様子が詳しく載せられていますので、クリックしてみて


 「楢の木曲がり」までは、35分程度でした。
まずまずの滑り出しです 

 そして、途中たち休憩はしたものの、「湯沢峰」に
6時17分着。
 ここで、朝食  タイムとなりました。

P7030334_convert_20110706055227.jpg P7030338_convert_20110706055409.jpg

 「どうです大丈夫ですか・・・」と、すぐ後ろの
女性軍に声を掛けると、「大丈夫じゃないです~  」と
言いながら、離れずぴったり付いてきてました。

 「滝見場」7時05分、みんなの力が均等なのか、ここにも
良い感じのペースで到着です。
 しかし、ガスが上がらず絶景の「梅花皮滝」や「石転びの
雪渓」は、姿を現してくれません 

 我が班の参加者は、全員このコース初めてなので
是非見せたかったんで  でした。

P7030339_convert_20110706055523.jpg P7030341_convert_20110706061033.jpg

 でも、みんな腐ることなく、順調に高度をあげて
次の休憩地点である「五郎清水」には、7時49分着

 ここで、問題発生 
参加者のHatakeyamaさんが、「梶川峰コース」をリタイア
宣言したのです。

 足の攣りと、体力を考えての勇気ある撤退でした。
「一人で下りれる」と言うHatakeyamaさんですが、リーダー
弥輔さんが無線で後続部隊に連絡すると、サポートの
事務局長高橋さんが、一緒に下りてくれるという
ので一安心です。

 実際には、A1班のサブリーダー横山さんが、一緒に
下りたのですが・・・・

P7030345_convert_20110706055650.jpg P7030346_convert_20110706055718.jpg

 石の間から溢れ出る冷たい湧き水、五郎清水の水を
汲んだのはリーダーの弥輔さんと女性の石田さん
それに とーちゃん で、「 冷たくてんま~い 

 残りのみんなは、体力を考えて水場まで下りず、帰りに
余裕があれば、立ち寄ることにしたのです。

 後続部隊のA1班が到着したので、我々は出発です。

P7030351_convert_20110706061156.jpg P7030353_convert_20110706055817.jpg

 高度を上げ続け、ようやく「三本カンバ」に着くと
そこからは、「本石転びの沢」や「石転びの雪渓」が
見えたので、参加者は大感激でした。

P7030355_convert_20110706055843.jpg P7030357_convert_20110706055909.jpg

 飯豊の山神さまが、頑張ってきた参加者にご褒美を
与えてくれたと思いました。

P7030358_convert_20110706190726.jpg P7030361_convert_20110706190759.jpg

 下山時、迷い易く滑り易い、トットバノカッチは
まだ残雪がある為、今年排道にすると言う、新道を
通らなければなりません。
 今年、登山道整備で古道を復活させるのだそうです。

 9時10分でした。「梶川峰」に全員登頂成功 
 
 

 「滝見場」にて、それゆけ とーちゃん ブログに
参加してくれた出演者達で~す。

P7030343_convert_20110706190218.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード