馬鹿じゃないの!

 <北股岳>は相変わらず、色んな花で飾られ、訪れる
登山客の目を楽しませてくれます。
 
 飯豊を訪れる登山客は、雪解けから始まる春の花
夏の花、そして秋の花が一度に見られる光景に
圧倒されます。

 その可憐な花畑を、地元に住み、気が向けばいつでも
堪能できる自分達は、本当に幸せ者です 

 念願の2000m越えを果たして満足のFumi君も
高山植物は、まだ名前を覚えるまでにはなってません 

P8200791_convert_20110824184325.jpg P8200794_convert_20110824184357.jpg

 でもね。なぜかトリカブトだけには、反応してたんです 
 
 小屋の近くに咲いていた、トリカブトの花に興味を
示すので、関さんに「この辺のトリカブトは、大したこと
ねぇーから、食ってみっか  」
 「・・・  いっいっ、いや結構です  」

 「ギルダ原」を過ぎ、やがて「門内小屋」も近くに
見えてきました。
 
P8200803_convert_20110824184458.jpg P8200806_convert_20110824184538.jpg
 
 <門内岳>を通過して「門内小屋」に到着すると
ご夫婦が休憩をとってました。

 塾長のMasa君が、「どこを登ってこられたんですか
男性が、「梶川峰を登って、梅花皮小屋に泊まります  」

 とーちゃん 無線で、関さんを呼び出し、「ご夫婦が
梅花皮小屋に泊まるのでよろしく」と伝えました。

 男性が 「ありがとうございました  皆さんはどちらに
向かわれるんですか
「今朝、石転ビを登ってこれから丸森尾根下山です。」

 すると、側にいた女性の方が、「馬っ鹿じゃないの  」
一同 「・・・ 」 

P8200807_convert_20110824184609.jpg P1000762_convert_20110824184016.jpg

 梶川峰を初めて登り、相当大変だった様子の女性が
飯豊を日帰りで周遊するなんんて、考えられなかった
ようです 

 順調に、足を運び<胎内山>「扇の地紙」を通過。
 
P8200815_convert_20110824184708.jpg P8200817_convert_20110824184735.jpg

 そして、<地神北峰>まで来ると、なにやら変なものが
あります。
 誰かが落としていった紙製の扇子を、後から通った
登山者が、標柱に立てて行ったような感じでした。
 
P8200822_convert_20110824184801.jpg P8200825_convert_20110824184832.jpg

 「丸森峰」森林限界近くから、昨年の登山道整備の
状況を、確認しながら高度を下げていきます。
 ※ 飯豊朝日連峰の登山者情報 師匠のH/Pに、塾長が
アップしてま~す。 

P1000790_convert_20110824184201.jpg P1000792_convert_20110824184255.jpg

 ようやく、丸森尾根登山口まで無事に下りて
くることが出来ました。

 今回は、Fumi君がロボット(足があがらない状態)に
ならなくて良かったです 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード