ゆるたび

 <北股岳>を登る途中に、「石転ビ」を覗くことが
できた。

 昨日は、ボロボロという雪渓も、上から見ると
まだ大丈夫のように見える。
 だが、見た目と違って、雪渓も相当痛手を被っている。  

P1000977_convert_20110915211356.jpg

 ガスが覆う<北股岳>を、朝早く出発した登山客達は
おそらく、きっとこの光景を見ることができなかっただろう。

 <北股岳>からは、新潟の東港がうっすらと見えるほど
でした。
 
 <北股岳>の鳥居の奥に、<梅花皮岳><烏帽子岳>を
入れて 
  

P1000984_convert_20110915211523.jpg P1000987_convert_20110915215935.jpg

 「今日は、もったいないからのんびり下りよう」と
事務局長から提案があり、シミケンさんも一緒に
「んだ、んだ  」と、納得。

 ハクサンイチゲが、時を間違えたのか咲いて
いた。

 トリカブトの奥に二つ峰、そして草紅葉が始まった
飯豊の稜線。

P1000989_convert_20110915211618.jpg P1010003_convert_20110916051406.jpg
P1000995_convert_20110915211930.jpg P1010005_convert_20110915220426.jpg

 <門内岳>まで、本当にゆっくりゆっくりと稜線の
素晴らしい景色を眺めながら、2時間ほどかけて
歩いてきました。

P1010007_convert_20110915212047.jpg P1010009_convert_20110915212231.jpg

 「門内小屋」で休憩していると、ご夫婦が「梶川峰を
登ってきました。ここまで4時間半でした  」

 スゴイ健脚のご夫婦は、黒崎山の会」のメンバーで
阿部さんご夫婦と、後日いっちゃんが教えてくれました。

P1010010_convert_20110915212319.jpg P1010011_convert_20110915212411.jpg

 「これから、<北股岳>まで行って、丸森峰を下ります」
スゴイ、パワーです。
 
 そう言えば、いっちゃんが「小国町民登山に参加して
夜の部でフラダンスを踊り、皆さんを魅了した人よ」って
言ってたなぁー
 是非、「今度は拝見させていただきたい」と思う男3人。

 男3人の「ゆるやか旅」ならぬ「ゆるたび」は 
まだまだ   だよぉーん。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード