ゆっくりゆっくり

 「扇の地紙」で、登山客が二人「梶川峰」を登ってきた。

 「こんにちは 」と声を掛けると、とーちゃん の
ザックを見て、「スイマセン、登山届け所に少し土嚢袋
残ってましたが、今日の相棒が初めてなので
カンベンしてもらいました  」
「いえいえ、お気持ちだけで嬉しいです。」と言って
先行してもらいました。

P1010110_convert_20110920065610.jpg P1010114_convert_20110920065719.jpg

 先行した方は、「中条山の会」の長谷川さんでした。

 長谷川さんも、登山道整備や道刈り等に相当な
貢献をなさってるかたでもあり、「仲間を門内小屋に
おいて、梅花皮小屋まで届ければ良かったが・・・」と
非常に気にしておられました。 

P1010116_convert_20110920065811.jpg P1010123_convert_20110920065902.jpg

 「門内小屋から丸森尾根を下る」と言う、長谷川さん
達と別れて、かーちゃんと<北股岳>を、ゆっくりゆっくり
登りました。

 頂上間近に、「石転ビの雪渓」が見えてきました。
先週より、更に崩壊が進んでいるようです。

P1010127_convert_20110920065924.jpg P1010130_convert_20110920065946.jpg

 丸森の登山口から<北股岳>まで、ゆっくり登り
ここまで6時間50分でした。

P1010133_convert_20110920070057.jpg P1010143_convert_20110920070151.jpg

 <北股岳>を下る途中、「石転ビ」が鮮明に見えました。
本石転ビ沢から北股沢までの残っている雪渓も、薄くなって
きているでしょう。

 今後の「石転ビ」は、雪渓が無い所を登る事になりそうだ。

P1010145_convert_20110920070252.jpg

 そして、「石転ビ」の上部草付き場が見えてくると
「梅花皮小屋」が見えてきます。

P1010146_convert_20110920070341.jpg P1010148_convert_20110920070431.jpg

 12時30分に、「梅花皮小屋」とーちゃ~く 

 泊まり客が来るのを待ちます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード