普通は退くのだが・・・

 昨日10月2日、<飯豊本山 2105m>からダイグラ尾根を
下山中、電波の良い「宝珠山の肩」で、3日間通信の途絶えた
かーちゃんに

 すると、「とーちゃん の従兄弟が、今朝亡くなったと
連絡が入ったから、下山したら行かなければならない。」
 不幸中の幸いと言うべきか、すぐ下山すれば夕方まで
「顔出し」が出来る・・・・・・・・



 
 9月30(金)~10月2日(日)「飯豊連峰合同
保全作業」で、<飯豊本山2105m>と「御西小屋」の登山道を
整備する為、今回も50名強の参加者名簿が届いた。

 埼玉、福島、宮城、新潟、そして県内からも
駆けつけてくれる参加者達を悩ませたのが、施工場所。

 要するに、そこまで行くには、色んなルートがあり
どれもが前泊をしないと間に合わないのだ。

P1010449_convert_20111003041248.jpg

 今回の統括リーダーで、長年「飯豊朝日連峰登山道
整備」に深く係わっている、小国山岳会副会長井上さん
率いる本隊は、「丸森尾根」から入り、「梅花皮小屋」
泊まりで、翌日の作業現場に向かうことにしたのです。

 小国山岳会、西川山岳会、黒崎山の会、それに一般
参加者も加え、17名での行動だ。

P9301013_convert_20111002185813.jpg P9301018_convert_20111002185849.jpg
 
 天気は生憎の  だが、本隊のテンションは高い。

 そう、「いっちゃん」がいるからだ 
「ねぇーねぇー、こっち向いてよ 」 痩せ尾根の上でも
お構いなしだ 

 埼玉から参加のnanasi74さんも、急斜面の岩場で
この笑顔だ。

P9301022_convert_20111002185921.jpg P9301032_convert_20111002185957.jpg

 途中、数度の休憩をしながら約2時間程で、「夫婦清水」

 しかし、雨脚は強くなり更に風も出てきた。
師匠の井上さんは、「水が流れれば昨年、丸森上部の
整備状況の検証が出来る  」

 「登山道を水が流れる」と聞いただけで、普通は
登山者が退いてしまうのだが、この本隊は全員  に
なるのだ 

P9301034_convert_20111002190036.jpg P9301038_convert_20111002190110.jpg

※ 丸森尾根の詳しい状況は、師匠のH/P
  「飯豊朝日連峰の登山者情報」 で紹介されます。

 滝となって流れる水の勢いは増し、まるで沢登り
のようだ。
 
 そして、稜線に出ると日本海からの強風で、身体ごと
吹き飛ばされそうになる。

P9301040_convert_20111002190212.jpg P9301041_convert_20111002190242.jpg

 途中、「門内小屋」で冷えた身体を「弥輔味噌」を
飲んで身体を温める。
 この「弥輔味噌」、小国町の町会議員で山岳会所属の
斉藤弥輔さんが作る、「特製辛味噌」であり、山仲間では
奪い合いになるほどの人気なんです。  

P9301043_convert_20111002190306.jpg P9301047_convert_20111002190340.jpg

 6時53分に「丸森尾根」に取り付いてから
約、8時間で<北股岳2025m>に到着でした。

 そして、「小屋が見えたどぉー 」  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

早速の「とーちゃんワールド」、愉しませて頂いてます。
今回の飯豊の保全は、私もかなり気合が入っていたのですが、直前に、どうにも参加できなくなってしまいましたので、朝日の保全同様、その模様をこうして画像で紹介して頂けるのは、大変有り難く感謝しております。
やはり天気が相当悪かったご様子、カメラを出すのも相当躊躇われたことでしょう。「いっちゃんワールド」とのせめぎ合いもあり、ブログライバルでしょうか?(笑
昨年、弥輔さんやいっちゃんたちとダイグラの下りをご一緒させて頂きましたが、天狗平に降りたとき、いっちゃんが「ハイ、みんなそのゲ~トに並んでしゃがんで~、写真撮るから~」。ゲートの手前でどうして???と思って、写真の出来上がりを想像して見たら、何と(!)、いっちゃんは我々全員をゲ~トの上に首だけ出させて「ギロチン、さらし首」を狙っていたのでした~。「いっちゃん、それはダメダメ~」。危うい所でした。(笑

続き、楽しみにしております。

koizumi さんへ

koizumiさん、先日は朝日への荷上げご苦労様でした。
昨日のニュースでは、<大朝日岳>初冠雪と流れていました。
良いときに、朝日連峰の登山道整備が出来たと、みんな
喜んでいると思います。

飯豊連峰も、天気には恵まれず一時どうなるかと思いましたが
我が師匠の適切な判断で、それなりに作業を行い全員
無事に下山することが出来ました。

師匠のブログのように、しっかりと状況等を正確に提供
出来ませんが、日常の生活ゆえノンフィクション(笑
であることは間違いないので、koizumi さんのように
内容を知っている人に感謝されると嬉しいです。

いっちゃんには、どんなことをしてもかないません ^^;



コラコラ~^^

koizumiさん 朝日の荷上げ、飯豊保全への気合いありがとうございました。
koizumiさんがオンベイからの参加と書いてあったので、内心とっても心配していました。
悪天候の中、行けたのは小国山岳会の面々のおかげだと思っています。
今回はいろんな体験をさせていただき、感謝しています。koizumiさん、また飯豊で会いましょう~v-34

コラコラ~^^ ゲートで並ばせたのは?おりに入っている猿軍団をイメージしたかったのですよv-8

竹爺さん、本当にお世話になりました。
ブログ見て、噴き出してましたよ~v-14

毎日、楽しみに寄せてもらいます。

私のブログは停滞中・・・そのうちがんばりま~~すv-221

いっちゃんへ

いっちゃん、koizumiさん・・・
とーちゃん のブログで、内輪もめ止めていただけません(笑

「オリに入ってる猿軍団」いいですねぇー、
そのアイデア、頂きたいです(笑
みんなが忘れた頃、是非使ってみますぜ。

いっちゃんは、忙しい中良くやってますよ。
とーちゃん は、暇だから毎日のように更新できるんですよ。
まー、ゆっくりいきましょ。



プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード