今年初

 時は平成23年のある時期・・・

 我が友ホーリーから、「正月登山をやらないか  」
と  が、我が家に舞い込んできた。

 もちろん とーちゃん 「その話のったぜぇー」と
それからと言うもの、「正月登山」をワクワクして待って
いたのでした。

 そして、年が開けた24年1月2日、とうとうその日が
やって来たのです 

 場所は<長井葉山1240m>登山口に集合したのは
ホーリー、バーボン、ハイジ、そして竹爺の4名。

P1030749_convert_20120103063153.jpg

 7時15分、準備が出来、 の後は、除雪されない
農免道路を歩いて行くのですが、今までの運動不足が
原因と思われる「人間的化学変化」を起こした、歪んだ
体型が悲鳴をあげ、息も絶え絶えになる4人組。

 だが、幸にも元旦葉山登山をした猛者連がおり
しっかりとトレースが残されていた。

 25分ほどで、「葉山神社」の鳥居がある白兎尾根
取り付きまで到着。

P1030750_convert_20120103063419.jpg P1030754_convert_20120103063514.jpg

 スノーシューを履いたホーリーを先頭に、ワカンを
履いた3人がその後に続く構図だ。

 気温が上がらずパウダースノーのトレース後も
柔らかく、足を取られる場面が続き、ワカンが外れる
こともありました。

 途中、立ち休憩しながらも本格的な休憩はあまり
取らず、何とか「大場さんのブナ」まで約2時間半で
到着。

P1030756_convert_20120103063543.jpg P1030760_convert_20120103063606.jpg

 ここまでバーボンの切れの良いジョークが
あまり出てこないのは、さすがに若い娘が同行
していないからだけではなさそう 

P1030763_convert_20120103063811.jpg P1030764_convert_20120103063834.jpg

 そんな気配を察した「葉山ノ神」が、我々に
青空を提供してくれたのは、展望台の地点でした。

P1030766_convert_20120103063942.jpg P1030768_convert_20120103065750.jpg

 下界はガスがかかっており、絶景の展望は
拝めませんでしたが、しばしの間太陽の陽射しを
身体一杯浴びながら、気持良い時間が流れて
行きます。   






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

長井葉山について教えて下さい。

はじめまして♪ 
お仲間との楽しい正月登山の記事、楽しく拝見しました。
実は、「お正月に長井葉山に登ってこられた竹爺さん」にお願いがあってコメントいたしました。

当方、福島県いわき市に住む山ノボラー夫婦です。
今回、昨年の原発事故以降、長井市に避難している友人家族に会いに行くことと、
かねてより行ってみたかった長井葉山に登って葉山山荘でお泊り宴会をすることの2本立てで
山形ツアーの計画を立てました♪ (欲張りですね・笑)
1/16&17&18(月・火・水)の予定でに行こうと思っています。

1/25.000地図や竹爺さんのレポなどを拝見して、白兎登山口からが良さそうかな?とは思っているのですが、なんと言っても初めての山で雪山なので、登山口周辺の駐車はどうすればいいのか?などがわかりません。
それから、地元の皆さんが手をかけて大事にしている山荘のストーブの使い方なども含めてアドバイスいただけるとうれしいです。
(福島県には薪ストーブ付きの小屋なんてないものですから・笑)

初めてのコメントで不躾とは思いますが、アドバイスをよろしくお願いいたします。


うたソムさんへ

こんばんは!
うたソムさん。

長井葉山・・・是非いらしてください。
白兎峰は、雪崩れなく安全ルートと「長井イケメトリオ」に聞いています。
登山口は夏道と違い、雪が多くて通常のルートで行くことが出来ません。

ブログを参考にと言っても、わからないでしょうが「蔵京十文字」を目指して進んでください。
一番良いのは、近くで聞いていただければわかると思います。
最終地点に車を停めることができます。

「長井葉山山荘」は、いつでも登山客を歓迎しています。
山人は、支えあい生きているのです。
ストーブはご自由にお使いください。
薪は、季節の良い時期いつかお返し頂ければ幸いと葉山の住人が申してます。

楽しい<長井葉山>の旅をお祈りしています。
わからないことがあったら、「飯豊朝日連峰の登山者情報」の掲示板や
ここ、「それゆけ とーちゃん」に遠慮なく書き込んで質問してください。










ありがとうございました♪

こんにちは♪
早速に、温かいお答え、ありがとうございます!!
まずは蔵京十文字を目指し、頑張って行ってみます♪
とりあえず、山が荒れないよう、お天気の神様にお願いして楽しんできたいと思います。
無事帰ってきたら、またご報告させていただきますね。
竹爺さんの、新しいスノーシューと冬靴でのレポも楽しみにしています♪
とりあえず、お礼まで♪

うたソムさんへ

気をつけていってらっしゃ~い ♪
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード